酢酢酢ん

ひもじい〜

死ぬ!いやこれが死なないんだな

2年前は死にそうだったなとこんな時間に思い出す。10〜19時はデスクワークをし、21〜4時まで肉体労働。肉体労働を終えて帰宅後、食事したりシャワー浴びたりで寝るのは6時過ぎ。そして8時起床。

睡眠時間を削りたくさん働いてるのに常に貧乏で、貧乏なくせに馬鹿だから毎日缶チューハイ3本飲んで、お野菜買えなくてきっと栄養足りてなくて。出勤中、太陽に照らされた自分の手が老婆みたいでびっくりしたのよく覚えてる。ほんとシワシワだった。

貧乏と睡眠不足で死にそうだったけど、お客様が優しくて救われた。小説や映画、漫画、音楽とか私の趣味全開なおもんない日記を楽しみにしてくれてさ、「あの曲聴いてみたよ」「○○ちゃんが好きな遊戯王カード買ったからデュエルしよ」「こんな文章書く子には絶対会っておきたかった」とか優しい言葉をかけてくれて超嬉しかった。好きなもの食べていいよって言ってくださる方も多くて、普段お肉といえば鶏胸肉しか買えなかったから「牛肉ってうめーwステーキってうめーw」ってすごい勢いで食べた。お行儀悪いなぁ。

きっと下心のある優しさだったんだろうけど、わかってても嬉しいもんは嬉しいよ。優しくしてくれてありがと!ってニコニコしながら泣いてしまうことも多々あって、己のプロ意識の無さにアチャー!

目的がなんであれ、高いお金を払って会いにきてくれるってのはありがたい。あれから2年経った。今の私は、お金を払って会いたいと思われる人間じゃなくなっている。あの頃よりちょっぴり金銭的な余裕ができて自由な時間だって多いのに、だらしない体型と汚い髪の人を不快にさせる会話しかできない人間になっちゃった。どうして。恋人も友達も信用できなくなってしまった。これはきっと私に原因がある。私が悪いに決まってんのだわ〜。信用できないとか言って優しくされたらどうせまた全部信じちゃうんだ。ほんと簡単な人間で笑える。

来月は不動産屋へ通う。再来月には引越ししたい。実に10年ぶりの一人暮らし。一人で不動産屋行くの初めてだよ自分名義で契約するのも初めて。左耳聞こえず右耳は常にバリバリ鳴ってる私は不動産屋さんとちゃんと意思疎通できるかな。そもそも審査通るんだろうか。ガスや水道ってどうやって開通させるんだっけ。寂しくて毎晩泣きませんように。おばけが怖くて夜お風呂入らず寝ることになりませんように。ちゃんと生きていけますように。

ああ不安しかないよ怖いよ助けて。

誰も頼ってはいけない。